Great single mothers

キジがハーレムつくるんだね〜という先のブログ。

オスキジのようにボーっとしておりましたら、熱心な読者様より、キジの生態について真相を教えていただけました。


感想:国鳥は伊達じゃない。


先ほどのブログの根本的な間違いは

縄張りを持ったオスがハーレムを作っているという部分。

つまり、オスがメスを所有していると書いてしまったことです。



キジの世界に、オスがメスを支配するという概念は存在しないのです。



メスはオスを頼りに生きておらず、

メスのキジは、卵を暖めるのも、子供を育てるのも自分で行います。


オスはメスが卵を産むために利用されるだけです。

メスからしてみれば、遺伝子以外にオスへの興味はないのです。


なので、1羽のメスが複数のオスを渡り歩くこともままあります。

オスは、メスが来るのを待っているだけ。


ものすごくドライな関係。

テレビを見ている旦那の後ろ姿を見て、殺意を感じる。

なんてこともキジの世界にはありません。

メスが、オスに対して、良くも悪くも興味をもっていないからです。


メスのキジは偉大なシングルマザーです。

オスがボーっとしていても、まったくもって無関心。

オスの面倒はみないから、子育てにすべてをかけられる。


さすが国鳥、先進的だ。


そのうちに国民にも導入されちゃったらどうしよう・・・

ではでは〜

イチゴどろぼう

看板プロジェクト始動