お菓子教室をご検討の方に、レッスン時のお持ち帰り容器につきまして

秋は心機一転、新しいことにチャレンジなされる方が増える季節です。

パティスリー301のお菓子教室にも初めての方のご予約がたくさん入ってまいります。

レッスンの詳細については料理教室ポータルサイト『クスパ』経由でお問い合わせ可能です。是非ご利用ください。はい、宣伝です。


その中で『お持ち帰り容器』についてのお問い合わせが数多くございましたので、ご説明いたします。

画像はAmazonより お持ち帰り容器を自分で用意できるお菓子教室ってそんなに多くないそうです。


そもそもなぜ『お持ち帰り容器』を用意するの?

ーあなたのためにレッスン費をお安くしたいー

レッスンのご紹介時には持ち物の中に『お持ち帰り容器』の項目を必ず入れております。

ただし、義務ではございません。

お持ち帰り容器が準備できない→レッスンに参加できない・・・などとガッカリなさらないようお願い申し上げます。

お持ち帰り容器をご提示する理由は、出来る限りお気軽にお安くレッスンに参加していただきたいからです。


パティスリー301のレッスン費用にお持ち帰り容器代は含まれておりません。

その分お安くしております。


まさにギリギリまでのコストカット&還元。

ここまで読んでいただいてお気づきになられた通り

たいへん良心的なお菓子教室となっております。


もちろん、パティスリー301でもケーキ箱を販売しております。

適当なサイズのものをご用意できなかった

今回はプレゼントやお誕生日ケーキとして使いたい

などケース・バイ・ケースでご遠慮無くお申し付けください。

どんな容器を持っていけばいいの?

ーポイントは高さが15cmー

お持ち帰り容器にはどんなものを持っていけばよいの?

と力強く思われた方もいらっしゃるかと存じます。

パティスリー301のケーキは「背の高い」ものが多く

そのためお持ちいただいた一般的な背の高さのケーキ箱には入らないという事例もございます。

高さが15 cm以上ある容器をご用意ください。

例をご提示いたしますと
  1. トレイ&ケーキドーム
  2. 底が深く大きめのプラスチック容器
この他にもサイズが適切で清潔なものであればどのようなものでも問題ございません。

他に注意することはある?

ークーラーバッグと保冷剤をご用意くださいー

お菓子教室にいらっしゃる皆様にはクーラーバッグと保冷剤のご用意をお願いしております。

食中毒の予防の観点からも保冷は大変重要です。


また、パティスリー301で使用する材料は高品質なものが多く

温度に対して敏感です。

作ったケーキも室温程度でも柔らかくなってしまうことが往々にしてございます。


保冷をせずにお持ち帰りいただくと

生クリームが溶けてしまったり

チョコレートの飾りがフニャフニャになってしまったり

ゼリーがジュースになってしまったり

と良いことは"まず"ございません。


「お持ち帰りいただいた後も皆様に楽しんでいただく」

それは社長とキャラメル職人の願いでもあります。


必ずクーラーバッグと保冷剤をご用意ください。

最後に

時折、お持ち帰り容器について深く考えすぎたあまり

いらした際には大変に切迫した状態

という生徒さんがいらっしゃいます。


ご心配なく

もし、ご用意した容器にケーキが入らなかったとしても

パティスリー301にはアナタのケーキにピッタリサイズのケーキ箱があるのです。

なによりもケーキ作りを楽しんでください。


皆様がお忙しい中作ってくださった時間がより良いものになりますよう

キャラメル職人が今まで以上に粉骨砕身いたします。


社長も

「キャラメル職人はまだまだ頑張れるわね♡」

と勤怠表を眺めながらつぶやいていることですし・・・


レッスンのご予約はお菓子教室の予約サイト『クスパ』をご利用ください。
https://cookingschool.jp/school/serendipity

パティスリー301のホームページもございます。
http://www.patisserie301.com/

ショソン・オ・ポム

いちじくのデコレーションケーキ