入江農園のメロンを使ったケーキ3種 さくら坂メルカート

入江農園のメロン

そのまま食べるのが一番っていう材料ほど、ケーキをつくるのに頭を悩ませるものはありません。

この季節でいえば、メロンです。

パティスリーサンマルイチで使っているのは「入江農園」のメロン。お菓子教室でも一度口になさった生徒さんから「こんど購入したいので場所を教えてください」とお願いされるくらいおいしいメロンです。

入江農園はメロンの生育方法に大変研究熱心な農園です。またその管理体制も厳格で、花が付き、実になり、成熟するまで厳密に管理されています。おいしいものを作るっていうのはこういうことなんですよね。

もちろん管理体制だけではおいしいものは作れません。職人的な腕も必要になります。入江さんによれば美味しい状態になっているメロンはツルから実を切り離すときの感触でわかるそうです。

土壌についても色々と工夫をこらしているそうなんですが、どこまで書いて良いものか、企業秘密の部分もあるでしょうからナイショにしておきます。ただ、ヒトコトだけ、ものすごく労力がかけられています。ああ、話したい。

入江農園のメロンにはそういった工夫が味にしっかり出ています。つまり、おいしいっていうことです。シンプルすぎますね。もう少し詳しく説明します。

このメロンをヒトコトで言うならば「パワフル」といったところでしょうか、特徴を並べると
  • 果肉の香りが強く
  • 鮮やかなオレンジ色を呈し
  • 果肉はシルキーで密度が高く
  • そして強い甘みとコクを感じる

といった具合です。今回のキャラメル職人は海原雄山みたいですね。

今月6月11日(日)に開催されるさくら坂メルカートに少量ですがお持ちいたします。
たまのゼイタクにお楽しみください。

果肉の滑らかさとコクが特徴の入江農園のメロン。甘みももちろん強いですが旨味も楽しんでください。

 そして、入江農園のメロンを使ったメロンプリン

そして入江農園のメロンを使ったメロンプリンもお持ちいたします。冒頭にもありましたとおり、メロンはそのまま食べるのが一番おいしい食材です。その素材の良さを殺さないようシンプルながら甘さや製造法に注意を払ってつくったメロンプリンとなります。こちらもさくら坂メルカートにお持ち致します。

人気のメロンプリンです。

更にメロンショートケーキも

先月はメルカート開始早々に完売となりましたメロンショートケーキもお持ち致します。
先月は即完売でしたメロンショートケーキです。

6月11日のさくら坂メルカート、パティスリーサンマルイチのブースを探してみてください。

Patisserie 301 instagram 初代クスパ公認インスタアンバサダーにも選ばれました。
https://www.instagram.com/patisserie301/

レッスンのご予約はお菓子教室の予約サイト『クスパ』をご利用ください。
  https://cookingschool.jp/school/serendipity



パティスリー301のホームページもございます。
http://www.patisserie301.com/

ホームページ変更中

6月のレッスンはフォレノワール