トラックボール M-HT1URBKを買いました。

トラックボール M-HT1URBKを買いました。

macOSは好きだけど、Magic Mouseはイケてない。

5年ほど愛用していたアップルのMagic Trackpadが先月ご臨終しまして、サブに取っておいたMagic Mouse(初代)を代替に使っておりました。でもMagic Mouse(初代)はツルツルしていて持ちにくい。初めは「使えるからいいや」と我慢していたのですが、だんだんと中指に腱鞘炎のような痛みが走るようになったので入力ツールを変更することにしました。この問題があるからこそ、わざわざMagic Trackpadを使っていたわけですしね。

トラックボールにしよう

昔からトラックボールという入力装置に興味津々だったわけで、これを機会にオタクごごろを満たしてみることにしました。そして購入したのがエレコム のトラックボール M-HT1URBKという機種です。

なんでこの機種にしたかって?

アマゾンで安かったからです。4500円くらいで買えました。今はブルートゥースを使った無線方式が当たり前なので、有線でしか接続できないこの機種は人気がなかったのかもしれません。

マウスに比べて大きめです。

届いた機種は今まで使っていたマウスの約3倍の大きさがありました。机においてみた感想はやっぱりオオキイ。

とはいえ、トラックボール本体はいちどおいてしまえば、マウスのように机の上を動かす必要はありません。トラックボールのについているボールをコロコロして画面の矢印を動かします。本体の殆どを占めるのは手くびが疲れないためのパームレストです。キャラメル職人の手のサイズにはしっくり来ました。

ボールはヌルヌル動く

ボールの直径は52 mmで大型です。ヌルヌル動いて気持ちいい。最初はボールの動かし方がいまいちわからず、思ったところに矢印を移動させることができませんでしたが・・・すぐなれた。2時間くらいで自在に動かせるようになりました。

ボタンがね・・・

そしてこの機種はなんとボタンが8個もついています。それぞれのボタンに色々な機能を設定できるので、作業性を上げることができるのがウリの一つです。

エレコムのホームページから各ボタンにいろいろな機能を設定できるアプリ「マウスアシスタント」をダウンロードできます。

でも、Mac版のマウスアシスタントの動作が思わしくなく

  • インストールしてもアプリが起動してくれない。
  • エレコムのQ&Aをたどってどうにかアプリを起動はできたものの、再起動するたびに必ずひと手間必要になる。
  • ボタンに割り当てた仕事と、実際の動作が異なる(web閲覧で「進む」を割り振っても「戻る」になるなど)

とまあ、つかえない。

しかも、マウスアシスタントをインストールするとトラックボールの動きも怪しくなるので、結局アンインストールしました。

windows版だとうまく動くのかもしれません。

Macの場合だと外部ドライバーがまともに動かないのは仕様です。

5ボタンのトラックボールとしては優秀

システム環境設定からMisson Controlへマウスボタンにショートカットを割り当てられないかなとチャレンジしてみたら、なんとマウスボタン5までなら認識していることがわかりました。さっそくマウスボタン3〜5をMission Control、アプリケーションウィンドウ、デスクトップを表示に割り当てました。

本当は更にマウスボタン6~8に⌘+Vとか⌘+Cとか割り当てたかったんですけど、それは今の所無理みたいです。

とはいえ、トラックボールのヌルヌル感には満足したキャラメル職人、中指の痛みも収まりそうです。5ボタンのトラックボールとしてはとても優秀です。

残りの3つのボタンはイライラした時の連打用として活用しよう。

台風がやってきます。

台風がやってきます。

白桃のタルト

白桃のタルト