お茶会 その2

基本的な楽しみ方

茶会の大まかな流れは

茶葉を楽しむ

お茶をいれる(一煎)

お茶をいれる(二煎)

お茶をいれる(三煎)

というもの

何回継ぎ湯をするかは茶葉によってチガイます。

作法で覚えることが多そうですね。

作法も大切ですけど、茶の声に耳を傾けることがより大切です。

そうすると自然と良い形になりますよ。

 

摩天嶺烏龍茶

さて、烏龍茶の話題に戻ります。

この烏龍茶はどういうお茶なの❔

摩天嶺烏龍茶という台湾の高山で取れた茶葉を、日本の焙煎士に日本で焙煎してもらったものです。

まずは一煎どうぞ。

フルーティーで爽やか✨

甘さも感じますね。

(なんだか美味しんぼみたいだけど、こうお茶に真剣に向かったことってなかったな。新鮮。)

と、予想外のさわやかな口当たりに驚きました。

大枚(千円)払って飲んだ凍頂烏龍茶より桁外れにおいしい。果実味以外にも様々な香りが合わさって実に複雑な味わいです。

では二煎目をどうぞ

キャラメルのようなミルクのような香りがする✨

さすがですね。そのニオイは乳香といわれています。

(全然かんじない!!)

そういえば羊のような香りがしますね。

ないわね・・・💗

ないですね。

ないものを感じてしまった。ある意味すごいな。

次回は白茶を煎れてもらいます。白茶もおいしかった。

つづく

 

茶寮 囲のフルサービスを受けられます。

2月11日開催のショコロンの休日で人数制限ありの茶寮 囲のフルサービス茶会を開催します。

茶寮 囲がおひとりおひとりに丁寧にお茶を煎れてくれます。

お茶本来の味を3煎(せん)も味わえる贅沢なお茶会です。

パティスリー301のお茶菓子もついてお得ですよ。

体の中からキレイになってください。

下のフォームからご予約できます。

ショコロンの休日

ハーブ、アロマを使ったトリートメントを得意とするショコロンファームのアロマ部門と

茨城県でも人気のお菓子教室の先生が作るこだわりのケーキをご提供するパティスリーサンマルイチの販売部門が共同で開催する

「女性のため」のイベントです。

テーマは

  • 健康
  • おいしさ
  • アート
  • 文化

出店者の選定においても「知名度」を優先せずこれはと思う

技術 と 情熱

のあるメンバーをそろえていたところ、「知名度」の高い方々からもご参加いただけることになりました。

当初考えていた以上にすごいイベントになりつつあります。

雨天でも開催いたします(出店者に変更あり)。

開催地 ショコロンファーム

HP:https://www.ichinosawa.jp

所在地:茨城県かすみがうら市高倉92

TEL:080-5506-8004

mail:shokoron@outlook.jp

 

他の人はこんな記事も読んでいます。