お茶会 その3

お茶会 その3

水について

お茶会の際に茶寮 囲はお茶に使う水も持参でした。

キャラメル職人はミネラルウォーターでも入っているのかなと思っていたのですが・・・

お水もこだわりがあるんですか?

ええ、これは湧き水を使っています。

〇〇山のナイショスポットと△△神社の湧き水をミックスしてるんですよ。

*実際の場所はもちろん伺っているのですが、スポットが荒らされるのも問題ですので伏せ字にさせていただきました。

今回のお茶にはこの配合のお水が良いそうで、茶葉によっては別の場所からお水を採ってくるそうです。

採りに行くものたいへーん✨身体がきたえられそう💗

実際たいへんです😆

水と茶葉がぴったり合うと、お茶のカラダへの巡りがよくなるんですよ。

めぐり⁉️

肺でかんじるというか、だんだん分かるようになります。

 

茶寮 囲が提供する作法ですと

という三大要素からなる「気配」というものを重要視するそうです。

もてなしに手間がかかるのはどの世界も一緒です。

 
 

古樹白茶(こじゅはくちゃ)

今度は白茶をいただくことになりました。

長期間の熟成で酸化発酵によって微発酵されたお茶だそうです。

白茶(はくちゃ)っていうけど、うっすらと白いかなっていうくらいね✨

今回は300年以上の古樹(こじゅ)からとった茶葉を発酵(はっこう)させたものです。

台湾には古い茶木も残っていて、木に登って茶葉を採るんですよ。

発酵って、ミソとかショウユみたいな味になるんですか?

細菌の力ではなくて茶葉のもつ酵素(こうそ)の働きで発酵させるので、そういう味ではないですね😅

今回は3年寝かせたものです。

 

とっても複雑な味わい

実際にお茶を飲むまでに、茶寮 囲はかなり手間をかけます。

一杯のお茶を飲むという行為自体が特別の儀式(ぎしき)のようです。

そして一煎目(いっせんめ)をいただきました。

ダシとか草の香りがする✨

干し草の香りがするといわれています。

いろいろな味がしてこうとしか言えませんが「感動的においしい」です。

キャラメル職人さんはこのお茶を気に入ったみたいですね。

 

そうなのです。実際キャラメル職人はこのお茶をとても気に入りました。

白茶はずいぶんと特殊な味と香りがしまして、強いていうならば

滋養強壮というか、薬草茶に通じるような・・・なにか元気になった気がします

と感じました。それでいて美味しい。

それが体にめぐるということなんですよ。

効用として美肌潤い効果や内臓に良いと言われています。

おお、今回は当たった!!

少し茶葉をおわけいたしましょう。

ありがとうございます。

高いお茶をいただきごきげんなキャラメル職人でしたが、そう甘くないのが人生です。

後日談

いただきました古樹白茶を後日煎れてみました。

社長にもお出ししたところ

茶寮 囲さんが煎れてくれたのはこんなにシンプルな味じゃなかったわよ💗

どれどれ

あれ?感動的な複雑さが全然なくなっている。

儀式的だと思っていた動作にもしっかりと意味があったようです。

高いお茶こそその美味しさを引き出す腕がひつようなんですね。

つづくかも・・・

 

茶寮 囲のフルサービスを受けられます。

2月11日開催のショコロンの休日で人数制限ありの茶寮 囲のフルサービス茶会を開催します。

茶寮 囲がおひとりおひとりに丁寧にお茶を煎れてくれます。

お茶本来の味を3煎(せん)も味わえる贅沢なお茶会です。

パティスリー301のお茶菓子もついてお得ですよ。

体の中からキレイになってください。

下のフォームからご予約できます。

ショコロンの休日

ハーブ、アロマを使ったトリートメントを得意とするショコロンファームのアロマ部門と

茨城県でも人気のお菓子教室の先生が作るこだわりのケーキをご提供するパティスリーサンマルイチの販売部門が共同で開催する

「女性のため」のイベントです。

テーマは

  • 健康
  • おいしさ
  • アート
  • 文化

出店者の選定においても「知名度」を優先せずこれはと思う

技術 と 情熱

のあるメンバーをそろえていたところ、「知名度」の高い方々からもご参加いただけることになりました。

当初考えていた以上にすごいイベントになりつつあります。

雨天でも開催いたします(出店者に変更あり)。

開催地 ショコロンファーム

HP:https://www.ichinosawa.jp

所在地:茨城県かすみがうら市高倉92

TEL:080-5506-8004

mail:shokoron@outlook.jp

 

他の人はこんな記事も読んでいます。

お茶会 その2

お茶会 その2